【語彙】「どういたしまして」は使わない!?

「どういたしまして」は使わない!?

「ありがとう」の返事は「どういたしまして」

でも、実際日本人が「どういたしまして」という機会はほとんどないんです。

理由①
目上の人に「どういたしまして」と言ってしまうと上から物を言っているような印象を与えるので失礼。

もし、目上の人に「ありがとう!」と感謝されたら、

「喜んでいただけて光栄です。」
「またいつでもおっしゃってください。」

等と言いましょう。

理由②
友達でも「どういたしまして」は少し改まり過ぎる印象がするのであまり使わない。

同僚や、友人に対してもう少しカジュアルに言いたい時は、

「いえいえ、大丈夫ですよ」
「ううん、気にしないで。」

というような言い方をしてみましょう。

状況に応じて、他の言葉で「どういたしまして」が言えるようになるといいですね。

「ありがとう」の返事(へんじ)は「どういたしまして」

でも、実際(じっさい)日本人(にほんじん)が「どういたしまして」という機会(きかい)はほとんどないんです。

理由(りゆう)①
目上(めうえ)の人(ひと)に「どういたしまして」と言(い)ってしまうと上(うえ)から物(もの)を言(い)っているような印象(いんしょう)を与(あた)えるので失礼(しつれい)。

もし、目上(めうえ)の人(ひと)に「ありがとう!」と感謝(かんしゃ)されたら、

「喜(よろこ)んでいただけて光栄(こうえい)です。」
「またいつでもおっしゃってください。」

等(など)と言(い)いましょう。

理由(りゆう)②
友達(ともだち)でも「どういたしまして」は少(すこ)し改(あらた)まり過(す)ぎる印象(いんしょう)がするのであまり使(つか)わない。

同僚(どうりょう)や、友人(ゆうじん)に対(たい)してもう少(すこ)しカジュアルに言(い)いたい時(とき)は、

「いえいえ、大丈夫(だいじょうぶ)ですよ」
「ううん、気(き)にしないで。」

というような言(い)い方(かた)をしてみましょう。

状況(じょうきょう)に応(おう)じて、他(ほか)の言葉(ことば)で「どういたしまして」が言(い)えるようになるといいですね。

We don’t use “どういたしまして“!?
When being said “thank you”, you reply with “you’re welcome”
However, in reality, the opportunity of using “you’re welcome” is very few.

Reason 1
Saying “どういたしまして” to your superiors is often seen as rude and looking down on other people.

When you are said “thank you!” from your superiors,
You should say

“I am happy that you are pleased”
“I am pleased to hear that thank you”

Reason 2
Even among friends, this word is thought to be too strong and uptight.

During a casual conversation with friends and co-workers, you should reply like this.

“No no, it’s fine”
“Oh no, don’t even worry about it”

Based on different circumstances, it is best to say this word with other words.

没人在讲「どういたしまして」!?

在很多外国人所学的日语当中,「ありがとう(谢谢)」的回应当然是「どういたしまして(不客气)」

不过实际上日本人却不太会有需要讲到「どういたしまして」的机会。

理由①
对于上司或长辈讲「どういたしまして」的话会有一种高高在上与人说话的失礼印象。

如果上司或长辈用「ありがとう」向你表达感谢时,就试着用

「喜んでいただけて光荣です。」
「またいつでもおっしゃってください。」

等说法来回应吧。

理由②
在朋友之间「どういたしまして」会有些过于庄重的印象因此也很少使用。

对同事或朋友想要用些比较轻松的回覆时,

「いえいえ、大丈夫ですよ。」
「ううん、气にしないで。」

试着用上述的几个例子来回覆吧。

如果能够学习到如何在不同的状况下,透过不同说法来表达「どういたしまして」的话就太好了呢。

沒人在講「どういたしまして」!? 在很多外國人所學的日語當中,「ありがとう(謝謝)」的回應當然是「どういたしまして(不客氣)」 不過實際上日本人卻不太會有需要講到「どういたしまして」的機會。

理由①
對於上司或長輩講「どういたしまして」的話會有一種高高在上與人說話的失禮印象。

如果上司或長輩用「ありがとう」向你表達感謝時,就試著用 「喜んでいただけて光栄です。」 「またいつでもおっしゃってください。」 等說法來回應吧。

理由②
在朋友之間「どういたしまして」會有些過於莊重的印象因此也很少使用。

對同事或朋友想要用些比較輕鬆的回覆時,

「いえいえ、大丈夫ですよ。」
「ううん、気にしないで。」

試著用上述的幾個例子來回覆吧。

如果能夠學習到如何在不同的狀況下,透過不同說法來表達「どういたしまして」的話就太好了呢。

‘천만에요.’는 쓰지않는다?
‘고맙습니다.’의 대답은 ‘천만에요.’
그렇지만 일본인이 ‘천만에요.”를 쓸 기회는 거의 없습니다.

이유 ①
윗사람에게 ‘천만에요.’라고 하면 윗사람이 물건을 주는 인상을 받기 떄문에 실례입니다.

만약 어른께 ‘고맙습니다.’라고 감사인사를 드릴땐

‘기뻐해주셔서 영광입니다.’
‘또 언제라도 말씀해주세요.’

라고 말해주세요.

이유②
친구사이에 ‘천만에요.’는 조금 격식있는 인상을 주기 때문에 잘 사용하지 않습니다.

동료나 친구에게는 조금 편하게

‘아니아니, 괜찮아’
‘아니야, 신경쓰지마.’
라고 말해봅시다.

상황에 따라서는 다른말로 ‘천만에요’를 말하는 편이 좋습니다.

 

関連記事