【語彙】パニくる

パニくる
英語の「Panic」は日本語で「パニック」と書きます。

意味は、何か不安や恐怖が突然起きた時、混乱してしまい何をしていいのか分からなくなってしまうこと。

そんな名詞「パニック」と、動詞の「する」を合わせて「パニクる」という新しい言葉が生まれました。
「パニック」は、山羊座の「パン」という山羊の形をした神様の名前が由来です。ある日、パンの目の前に突然恐ろしい怪物が現れ、慌てて目の前の川に飛び込もうとします。溺れないように、魚に変身しようとしたのですが、慌てていたので、足だけ魚、上半身が山羊の変な姿になってしまったのでした。神様も、本当に怖い時は、パニクってしまうんですね。

パ二くる
突然の不安や恐怖による混乱状態のこと。
英語(えいご)の「Panic」は日本語(にほんご)で「パニック」と書(か)きます。

意味(いみ)は、何(なに)か不安(ふあん)や恐怖(きょうふ)が突然(とつぜん)起(お)きた時(とき)、混乱(こんらん)してしまい何(なに)をしていいのか分(わ)からなくなってしまうこと。

そんな名詞(めいし)「パニック」と、動詞(どうし)の「する」を合(あ)わせて「パニクる」という新(あたら)しい言葉(ことば)が生(う)まれました。
「パニック」は、山羊座(やぎざ)の「パン」という山羊(やぎ)の形(かたち)をした神様(かみさま)の名前(なまえ)が由来(ゆらい)です。ある日(ひ)、パンの目(め)の前(まえ)に突然(とつぜん)恐(おそ)ろしい怪物(かいぶつ)が現(あらわ)れ、慌(あわ)てて目(め)の前(まえ)の川(かわ)に飛(と)び込(こ)もうとします。溺(おぼ)れないように、魚(さかな)に変身(へんしん)しようとしたのですが、慌(あわ)てていたので、足(あし)だけ魚(さかな)、上半身(じょうはんしん)が山羊(やぎ)の変(へん)な姿(すがた)になってしまったのでした。神様(かみさま)も、本当(ほんとう)に怖(こわ)い時(とき)は、パニクってしまうんですね。

パニくる
突然(とつぜん)の不安(ふあん)や恐怖(きょうふ)による混乱(こんらん)状態(じょうたい)のこと。
When writing the word “PANIC” in Japanese, it is written as “パニック”.

The meaning is, when something unexpected and something that makes you uncomfortable happens which makes you feel confused.

For such a word as “パニック“, by adding the verb “する” at the end of the word makes a new word called “パニクる“。

“Panic” is derived from God’s name in the form of a goat called “bread” in Capricorn. One day, a terrible monster appeared suddenly in front of the bread, trying to jump into the river in a hurry. It tried to transform into a fish so as not to get drowned, but because it was in a hurry, its feet and upper body became strange figures of the goat. God also panics when scared as well.

パニくる
When something uncomfortable and unexpected happens which makes one confused.
英文的「Panic」在日文里是写做「パニック」。

意思是突然发生什麽令人不安或感到恐怖的事情时,因为陷入混乱而不知道该做什麽才好的状态。
而将名词的「パニック」与动词的「する」结合起来就诞生了「パニクる」这个全新的单字。

「パニック」这个字的语源是从山羊座的「パン」—一个有着山羊外型的神明而来。就在某一天,パン的面前突然出现了恐怖的怪物,让祂急忙跳入一旁的河川当中。为了不让自己溺死,因此祂打算把自己变成一条鱼,但由于太慌张的缘故,结果竟变成了下半身是鱼、上半身还维持山羊外型的样子。即使是神,在真的很慌张的时候,也是会陷入混乱的呢。

パニくる
因为突如其来的不安或恐怖而陷入混乱的样子。
英文的「Panic」在日文裡是寫做「パニック」。

意思是突然發生什麼令人不安或感到恐怖的事情時,因為陷入混亂而不知道該做什麼才好的狀態。
而將名詞的「パニック」與動詞的「する」結合起來就誕生了「パニクる」這個全新的單字。

「パニック」這個字的語源是從山羊座的「パン」—一個有著山羊外型的神明而來。就在某一天,パン的面前突然出現了恐怖的怪物,讓祂急忙跳入一旁的河川當中。為了不讓自己溺死,因此祂打算把自己變成一條魚,但由於太慌張的緣故,結果竟變成了下半身是魚、上半身還維持山羊外型的樣子。即使是神,在真的很慌張的時候,也是會陷入混亂的呢。

パニくる
因為突如其來的不安或恐怖而陷入混亂的樣子。
영어로 [Panic]은 일본어로 [パニック(패닉)]라고 씁니다.

미는 뭔가 불안과 공포가 갑자기 일어났을 때 혼란스러워져 무엇을 해야할지 모르게 되는 것.
그런 명사 [パニック]와 동사의 [する]를 합쳐서 [パニクる(패닉이다)]라는 새로운 말이 태어났습니다.

[パニック(패닉)]은 염소자리의 [パン(빵)]이라고 하는 산양모양을 한 하나님의 이름에서 유래했습니다. 어느날, パン의 눈앞에 갑자기 무서운 괴물이 나타나고, 황급히 눈앞의 강에 뛰어들려고 합니다. 이때 물에 빠지지 않도록 생선으로 변신을 하지만, 당황하고 있던 와중이라 다리만 생선, 상반신은 산양의 이상한 모습이 되버렸습니다. 하나님도 정말 무서울때는 [パニック(패닉)]이 되는군요

パニくる
갑자기 불안하고 공포에 빠진 혼란상태.

 

関連記事